ヒロムとデスペのアツい戦い

昨日は久しぶりの新日本プロレスワールドでの放送。やはり二人の戦いはアツかった!

Photo by NJPWphile

これでヒロム・BUSHIチームは三連敗。戦績的には、昔のヤングライオン時代の高橋と三上の時代に戻ってしまったようです。

二人の長い戦いの歴史は↓の二つの記事にまとめています。

タッグワークの差

どうしてここまで一方的な戦績になってしまうのか?やはりタッグワークの差にあるように思います。

ヒロム・BUSHI組は、良くも悪くもヒロムの爆発力が攻撃の要。その一方で、タッグワークとなると少々無理な合体技で、お互いの戦略が感じられない。

その点、金丸・デスペラード組は、意外と基本に忠実な弱点への一点集中攻撃。ヒロムの腰を二人が集中攻撃して、ヒロムの持ち上げる系の技を牽制しつつ、BUSHIが足を痛めたと見るや、一気にBUSHIの足を襲ってBUSHIの必殺技であるMXを封じる。これがお互いの連携で連続攻撃するから受ける方はたまらない。金丸・デスペラードの二人のクレバーさもあって臨機応変に対応できる。

デスペラードのアイデアの豊富さ

ヒロムの魅力と武器が爆発力だとすると、デスペラードのそれはアイデアの豊富さにある。技そのものもオリジナリティあふれているが、組み立てや流れ、わざと呼べないような技にもアイデアがある。

最後のBUSHIを仕留めた流れも、実況陣は金的と騒いでいたが、画面上は飛んできたBUSHIを受け止めて、次の技に持っていこうとしているように見えた。それが結果的に金的になってしまったのでは?もしその意図があるなら手はグーにして下から上に振り上げているだろうし、わざわざ自分にもダメージがあるような受け止め方はしない。実況陣が騒いでいるのが聞こえたからバックステージコメントでもその流れに乗ったように感じました。

これからの戦い

そして、これで終わりで無く、むしろ始まりだとマイクアピールするデスペラードはプロレス脳の高さが伺える。毎回同じ言葉で締める選手は少し見習って欲しいところ。

これでBest of Super Jr.への期待も高まったことでしょう。昨年大盛り上がりだったBOSJからは、鷹木・オスプレイが抜けてしまい、ファンタズモやドラゴン・リー改めリュウ・リーが来日できるかは微妙な状況。それでもこの戦いとマイク一本だけで、今年も十分期待できることは間違い無し!

二人のライバルストーリーにはまだまだ目が離せませんね!

 いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!あなたの応援クリックがとても励みになります
人気ブログランキング

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。