AEWとの関わり合いとMSG大会

昨日、急にAEW側から色々な情報が、Wrestling Observer を始めとしたいくつかのメディアを通じて流れてきましたね。パッと見だと色々と気を揉むような表現もいくつかありました。

 AEW側の発信情報

  •  AEW not allowing stars to work big NJPW event. (記事抜粋:ジェリコとモクスリーは北米における新日本プロレスの興行に参加することは契約で許されていない)
  • Cody Rhodes says AEW are open to working with NJPW. (記事抜粋:コーディはインタビューで、“何も禁止されていない”と言っている)
  • Jon Moxley on AEW and NJPW working together. (インタビュー抜粋:新日本プロレスは日本で、AEWはアメリカ。ビジネスモデルが違う。両方のブランドが合体する必要は無い。ドアが開いてようが閉まっていようが、自分のドアを探すだけ。)
  • Jeff Cobb not AEW’s first choice. (記事抜粋:ジェフ・コブはAEWと専属契約はしておらず、限られた時間で働くことになるだろう)
f:id:njpw-mania:20200215234230j:plain
このツイートに、ジェフ・コブから直接”いいね“をしてもらいました。何らかの意思表示だったのか…?

あくまで想定の域を得ませんが、選手側は新日本プロレスとの試合を引き続き行っていきたい希望はあるものの、会社側としてはそれに反対していると言う状況でしょうか?ただ、AEWは選手が取締役なので、正確にはオーナーであるカーン親子と一部の選手が反対していると言うことなのでしょう。

ただ良く記事を読んでみれば、8.22 Madison Square Garden 大会 ( WRESTLE DYNASTY ) にはAEWの選手が出ないだけで、それ以外は今まで通り新日本プロレスのリングには上がる、と言うことだけなのかもしれません。そもそもAEWのペイパービュー大会の一つである「ALL OUT」が昨年は8月31日開催だったから、それに被りたくないと言うこともあるとは思いますが。

f:id:njpw-mania:20200215221948j:plain
(出典:新日本プロレス公式サイト)

ちなみにMSG大会は、WWEの4大ペイパービュー大会で2番目に大きいとされている 8.23 Summer Slam 大会の前日です。MSGはニューヨーク、Summer Slamはボストン( TDガーデン )と言うことで、飛行機で1時間30分程の距離です。

f:id:njpw-mania:20200215222351j:plain
(出典:WWE公式サイト)

“スケジュールは偶然だった”と言う報道もありましたが、Summer Slamに行くお客さんに、ついでに来てもらうと言うコバンザメ商法は健在のようです。アメリカではまだまだ弱者の新日本プロレスですから、そのこと自体はビジネスとしては当然の戦略と思いますが、我々ファンにとって重要なのは「どのようなカードが組まれるか?」と言うことでしょう。またしても想像をかき立てる贅沢な時間のスタートですね(笑)。

MSG大会 in 2019

去年はROHとの共同開催でした。概ね半分が新日本プロレス提供の試合でしたが、全部で10試合!全ての試合がNJPW Worldで流れた訳ではありませんでしたが、現地では非常に濃密な時間でしたでしょう。去年はこの流れを受けてレスリングどんたくに突入していきました。棚橋からIWGPヘビーのベルトを奪取したジェイ・ホワイトが、オカダ・カズチカに敗れて、しばらくオカダ政権が続くことになりました。今回も同じような流れになるのか?はたまた年間スケジュールが変わって、今までとは全く異なる世界が生まれるのか?前回の予想にも書きましたが、まずは6月〜8月にどのようなシリーズが組まれることになるのか?が注目ですね。

今年のMSGは?

開催日程が、G1開幕戦 9.19 大阪大会の概ね1ヶ月前となります。間にKIZUNA ROADをやる感じでしょうか。

東京オリンピック → MSG大会 → G1 Climax 30 と言う夢のような豪華なスケジュールである反面、その間を取り持つMSG大会は今回2回目と言うこともあり、正に正念場となるでしょう。最初に書いておいて何ですが、やはりここはAEWとの対抗戦をMSG大会で行うのがアツイ!!!

AEWのベルトを新日本の選手が奪取した因縁で、モクスリー、ケニー・オメガ、コーディと言った面々がG1 Climax に参加となったら、MSG大会もG1も大盛り上がり間違えなしでしょう。まぁ、世界一過酷なシリーズと言われているG1にアメリカンプロレスの申し子であるコーディが出る可能性は、そうで無くても低いと思いますが…。

6月の予定は、おそらくレスリングどんたくシリーズ中のどこかでアナウンスされるでしょう。その中でだいぶ全容が見えてくるように思います。まだ New Japan Cup ですら始まっていないのに、どんたくが待ち遠しい!今年は本当に贅沢な時間が長過ぎますね。オリンピックが挟まって、どうなることかと思っていたけど、この調子だとオリンピック様々となりそうです(笑)。

ますます、新日本プロレスから目が離せませんね!

 いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!
人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!

予想の最新記事4件

NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。