G1 それでもSANADAが優勝する根拠

今週は一気に畳み掛けるようにG1公式戦が開催されますね。寝不足にならないように気をつけなければ…(笑)。

前回の長岡大会でようやく1勝を挙げたSANADA。普通に考えれば優勝はありえないでしょう。ただ何が起こるかわからないのがG1。なぜSANADAが優勝できるかについて書きたいと思います。

優勝ラインは6勝3敗

既に3敗しているSANADA。これ以上は当然負けられないとすれば、優勝ラインは6勝3敗となります。ラインが3敗までいくと自分以外の選手が全員4敗以下になることは難しく、3敗で並んだ選手の中で直接対決を制している方が勝ちとなるパターンです。

現在の星取り状況

以下で並んでいます。SANADAが勝った選手を青、SANADAが負けた選手を赤とすると面白いことが見えてきます。

  • 内藤哲也 3勝1敗
  • ジュース・ロビンソン 3勝1敗
  • 矢野通 3勝1敗
  • ザックセイバーJr 2勝2敗
  • KENTA 2勝2敗
  • EVIL 2勝2敗
  • 棚橋弘至 2勝2敗
  • 後藤洋央紀 1勝3敗
  • YOSHI-HASHI 1勝3敗
  • SANADA 1勝3敗

星取り上位の選手との対決が矢野通以外残っています。矢野をディスる訳では無いですが、矢野通が優勝することはありえないと断言してしまっても良いでしょう。従って、SANADAは残り全勝すれば、勝ち点で並んだとしても逆転優勝できる可能性が高いです。

内藤の勝ち点予想

ここまで絶好調の内藤。大きな怪我がなければこのまま好調を継続する可能性は高く、現時点の優勝候補筆頭であると言えます。内藤が3敗すれば直接対決で勝っているSANADAの勝利となりますが、その可能性はあるのでしょうか?

負ける可能性の一人目は矢野です。

矢野は勝ってもベルトに挑戦すると言うことも無く、内藤であっても何かの弾みで負けることはしばし目にします。番狂わせと思わせることが無いのがメリットでもあります。

もう一人は、KENTAでしょう。

理由は最終日に組まれているから、と言うシンプルな理由です。セミで内藤vs KENTAが行われ、KENTAが勝ってSANADA優勝への望みを繋ぎ、メインがSANADAvs EVILとなって勝った方が優勝、と言うのが分かりやすいシナリオです。

また、内藤はEVILを残していることもポイントです。10.11愛知大会は矢野戦(10.14)の前になります。EVIL戦は内藤が勝つことを想定していますが、この結果で矢野戦がどうなるか?が変わってきます。

EVILの勝ち点予想

内藤がEVILに勝つと予想すると、EVILは6勝3敗のままでは優勝できず、最終戦のSANADAに勝って7勝2敗とする必要があります。内藤・EVIL・SANADAが6勝3敗となって、各々の直接対決が三つ巴になってしまうと優勝決定戦を行う必要があります(SANADA>内藤、内藤>EVIL、EVIL>SANADAの場合)。

ただ、こうした形での優勝決定戦を再度行うことはおそらく前例が無く、やるとすれば無制限3wayマッチとなってしまいます。コロナ禍でトータルの興行時間が制限されていることもあり、追加でもう1試合やるのは厳しいでしょう。いや、ここまで来ると見てみたい気もしてきましたが…(笑)。

難しい話は置いておいて(笑)、EVILが最終戦に6勝2敗で上がってくるとします。

あれ?

EVILは既に2敗しており、かつ内藤戦で負けてしまうと既に5勝3敗となり、EVILに優勝の目が無くなってしまいます…。やっぱりやるのか、3wayマッチ優勝決定戦を!

内藤の勝ち点予想(修正)

3wayマッチ優勝決定戦、やってほしい気は十分ありますが、おそらく無いでしょう。無いかなぁ…(笑)。

無い前提とすると、内藤はEVILとKENTAに負けて6勝3敗で終了でしょう。あるいはEVILと矢野に負けて、優勝決定戦は最終日のおそらくメイン、SANADAvs EVILの勝った方が優勝となるでしょう。

KENTAの勝ち点予想

最終戦で内藤と当たるKENTAはどうでしょうか?

SANADAとの直接対決で負ける前提とすると、この時点で3敗となります。

ただ残り試合、棚橋、矢野、YOSHI-HASHIには勝つことができるでしょう。5勝3敗で最終日の内藤戦に向かうことができます。ただ、ここで内藤に勝っても、最終日メインで行われるであろうSANADAとEVILには負けていますので、どちらが勝ったとしてもKENTAは優勝することができません。

ザック、棚橋の勝ち点予想

その他の可能性を検討してみます。現在2敗で追いかけているザックと棚橋ですが、彼らが優勝する可能性はありますでしょうか?

上の予想が正しければNoです。両者はSANADA戦を残しており、共に負けるとすれば3敗となります。

そして最終戦に両者の試合が組まれており、どちらかが負けることになりますが引き分けでも両者脱落です。そもそもSANADAに負けている時点で星が並んでも優勝はできません。

では後は誰が残っているでしょうか?ジュースです。

ジュースの勝ち点予想

完全に不利な状況でも矢野を下して勝利しているジュース。試合数は少なかったかもしれませんが、好調をキープしています。

ただ、上の予想が正しいとすれば、内藤、EVIL、SANADAに負けてトータル4敗となります。最終試合が後藤と言うこともあり、優勝に絡むことは残念ながらなさそうです。

ただ、トータル7勝2敗でいければジュースはまだ勝機はあります。10.6のEVIL戦、10.8の内藤戦で両者から勝利を奪うことですね。その場合の優勝候補はジュースと内藤となりますが、両者共に優勝に関係しない別々の選手との最終試合なので、盛り上がらなそうですが…。

つまり、SANADAが優勝!

この予想の前提としては、SANADAが残り全部勝つ!と言うことなので、それが崩れた瞬間に終わるのですが、改めて楽しみにG1 Bブロックを観ていこうと思います。

たった一つ残念なのは、自分がそれ程SANADAのファンでは無いと言うところでしょうか(笑)。

 いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!
人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。