(その3)G1:過去の対戦(Aブロック)

さすがにその3で完結予定です(笑)

10.10 大阪大会

この日の初対決は言わずと知れたオカダvs鷹木!NEVERの顔となりつつある鷹木がIWGPに挑戦するには絶対に負けられない試合!メインイベントに相応しい好カードですね。

ジェイ vs 裕二郎は、同じユニットと言うことで、世紀の凡戦になる可能性が高い一方、裕二郎が何か新しい動きを起こすなら、ここしか無いでしょう。引退前の記念出場となるのか、まだまだ第一線を張る選手であることを証明してみせるのか!

石井智宏 vs ジェフ・コブ

昨年のG1で対戦した2人。バックステージのコメントを見ると、ジェフ・コブは勝てる試合を逃したと思っているようだったが、名勝負製造機の石井が、ジェフ・コブの良いところを引き出したことに気づかないようだと、まだまだ石井の手のひらの上。

とは言え終盤にさしかかり、両者とも怪我が心配。その影響の有無で勝敗も決まるでしょうが、白熱したカードになることは間違え無し!

タイチ vs ウィル・オスプレイ

一昨年のNEVERタイトル挑戦権をかけたシングルが最後でしょうか?ワールドタッグリーグの最終日に行われたこのカード。全出場したタイチとあばら骨骨折から病み上がったばかりのオスプレイ。

軍配はオスプレイに上がったが、悔しさを隠そうともしないタイチ。今度こそ納得の決着となるのか?

飯伏幸太 vs 鈴木みのる

対戦した記憶が無かったのですが、遡ること2013年のG1ですね。鈴木みのるの貫禄勝ちでしたが、バックステージでは鈴木みのるらしいコメントながらも好評価でした。この頃から「どインディー」って言ってたんですね(笑)

ヘビーに転向し、戦い方も変えた飯伏がどのような勝負を見せるのか?G1後半に向けて目が離せない好カードとなる予感。

10.13 静岡大会

飯伏 vs 裕二郎が初対戦ですね。

そして鷹木 vs タイチ!タイチがノラリクラリに舵を切るのか?バチバチに行くのか?ここも両者譲れない好カード。

ジェフ・コブ vs ウィル・オスプレイ

MSG大会でのNEVER戦が記憶に新しいところ。ジェフ・コブが雪崩式ツアーオブジアイランドの大技で勝利したが、やはり真っ向勝負ではジェフ・コブに有利か?

ジェイ・ホワイト vs 鈴木みのる

一昨年のG1で初顔合わせ。この時は鈴木が終始ジェイにペースを握らせずに貫禄勝ち。成長したジェイがどんな試合を見せるのか?まだまだやれること鈴木が証明するのか?今後を占う上で重要な分岐点となりそうなカード。

オカダ・カズチカ vs 石井智宏

前回G1での対戦が無料公開されてますね。昨年はNew Japan Cupでも対戦していました。最終日直前のこのカードはオカダにとってはキツい試合となるでしょう。お互いのコンディションも重要なカギとなりそうです。

10.16 両国大会

Aブロックもこの記事のテーマも(笑)、ようやく大詰め。ご存知の通り、この日はカードは発表されてますが、試合順は成績次第となります。

ジェフ・コブ vs 裕二郎が初対決でしょうか。

飯伏幸太 vs タイチ

まさに記憶に新しい、今年のNew Japan Cupですね!飯伏が一矢報いることができるか?

オカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイ

旗揚げ記念日のヘビー王者vsジュニア王者の一戦から始まり、昨年のNew Japan Cup昨年のG1と、同ユニットとは思えない対戦カードの多さ。全てオカダの勝利だが、最終日のこのカードは果たしてどうなるのか?

石井智宏 vs ジェイ・ホワイト

意外な顔ぶれにも見えますが、昨年G1ではジェイのインサイドワークが通用せず、石井が激勝。今年は最終日と言うこともあり、意外に重要な一戦となる予感がしています。

鷹木信吾 vs 鈴木みのる

数ある再戦のなかで、一番直近の神宮大会振りのこのカード。喧嘩マッチに破れ、腰に巻く姿が似合ってきたNEVERを失った鷹木。この早速のリマッチで意地を見せるのか?優勝争いに鈴木が食い込んで行くのか?

こうして、丁寧に一試合ずつ試合を見てみると、このG1何となく見えてきた物があります。

次の記事では、その辺りを総括した予想を立てたいと思います。

 いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!
人気ブログランキング

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。