G1:Day5 オカダ陥落⁉︎

この大会はどの試合も色んな視点で面白く、タイトルマッチ級の試合も連発していましたね。G1序盤戦の集大成に相応しい大会ではないでしょうか。

第1試合:バチバチから一転…

バックステージコメントで裕二郎への感謝を口にするタイチ。裕二郎の全てを引き出そうとするタイチの試合内容からもその様子が窺える。

ただ、最後は金的からのタイチ式外道クラッチでの勝利には解説のミラノさん同様、その時はガッカリしましたが、一晩明けて良く考えてみると「金的での決着は汚い!もう一回勝負だ!」と裕二郎が挑戦を表明した場合に逃げ道を残しておいたのだとすると、やはり感謝の念は本当だったのだろうと感じる。

もしこれをバチバチ勝負の上、ブラックメフィストで勝利!となったらぐうの音も出ないことになってしまう。自分を落として相手を上げるタイチの心意気に脱帽です。次はNEVER等のタイトルマッチ戦で二人の完全決着が見られるのが楽しみです。

第2試合:真っ向勝負で強い鈴木みのる

真っ向勝負のパワー合戦には爆発的な強さを見せるジェフ・コブ。ペースを崩したり汚い手を使うことなく、レスリングの土俵で戦おうとする鈴木みのる。

元オリンピック選手に対してグラウンドの勝負を仕掛けても全く遜色ないところがスゴい!

エルボー合戦は手数は多かったけどそれ程気合の入ったエルボーを見せない鈴木みのるはジェフ・コブに合わせてあげたのか?最後の一発だけはいつも通りの破壊力でジェフ・コブをぐらつかせたのは、やはり貫禄か。

最後は必殺のツアーオブジアイランドを切り返してのスリーパー→ゴッチ式パイルドライバー。今年の鈴木みのるは最大の復活劇が見られそう。

第3試合:これがメインじゃないの?

予想通りのバチバチの削り合い!NEVERのタイトルマッチだと言っても驚かない真剣勝負!15分経過のアナウンスが流れるまでが長かく感じたのは、やはり凝縮した試合だったからだろう。

めちゃめちゃ高いシットダウン式ラストライドや、両膝剥き出しのボマイェなど、飯伏のキレ具合が半端ない。

試合後、自力で立とうとする飯伏は倒れるし、起き上がれないのにそれでも飯伏を殴り続ける石井。お互いの気力の充実が半端ない!後世に語り継がれる名勝負でした。

第4試合:これもメインじゃないの?

この時点でだいぶお腹いっぱいの状態(笑)。こんな激しい試合が続くこの日の大会を現地で見ているお客さんは本当に羨ましい。

前回BOSJで負けている鷹木がフォームチェンジを遂げたとも言えるオスプレイとどう戦うのか?がポイントではあったけど、ステイドリームで流れを掴んだ鷹木が、モニターで確認したヒドゥンブレードを避けて、最後はラストオブザドラゴンでトドメ。

一勝一敗で星を戻した鷹木。次の試合は石井戦。ここからどう巻き返すのか?オスプレイはまたチート的な強さを復活させるのか?が注目です。

第5試合:まさかのオカダ敗戦

初戦にそんなに腰を痛めるような攻撃があったのか?それとも別の要因なのか?分からないけど、とにかく絶不調なオカダ。変形コブラクラッチは格下の選手には劇的な強さを見せるけど、タイトルマッチを行うような相手には通用していない。

とは言え、この試合オカダが負けるとジェイが飯伏とオカダ両方から勝つことになり圧倒的に有利となるので、BIG3全員が一勝一敗で終わると思っていた序盤戦、なんとジェイ・ホワイトが勝利!これで全員がジェイ・ホワイトを狙う展開となった。

ただ、飯伏戦でも見せているノーモーションのブレードランナーの切れ味が鋭さを増している。どんな技からも切り返しが可能このまま爆進を続けるのか?誰かがストップするのか?

このAブロックで一方的に星が分かれることは、おそらく無く、6勝3敗で直接対決勝った方が優勝となる可能性は高いでしょう。となると、最終戦ジェイとの試合を残している石井は有利と思えるのだが、次の石井の対戦相手は難敵の鷹木。

まだまだ見逃せない戦いが続きますね!

 いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!
人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。