飯伏とデスペラード再び

週末は色んなことが起こり過ぎましたが、時間的に厳しいので(涙)、ひとまずこの話題だけ。

デスペラード初戴冠!

3wayの妙と言うところもあったと思います。バックステージコメントで自身でも語っていた通り、倒されたタイミングもあったので…。

とは言え、長い時を経てようやく戴冠できたのは素晴らしいと思います!

“生え抜き主義”では無いですが、やはり昔から頑張ってきた選手が成果を挙げるのは、やはり感慨深いものがありますね。歴史を知っているファンが偉い訳では無いですし、単発の試合の素晴らしさはもちろんありますが、過去からの積み重ねが、その人の形を作り上げているように思います。

7年の時を経て、再び激突!

ジュニアに挑戦表明をした時もそうでしたが、デスペラードのこういう時の瞬発力はスゴい。

色んな会社的都合とかもあったりするのかもしれないけど、別にリングに出て来なくなって、バックステージでコメントするだけでも、カードが決まったりする場合もある。

デスペラード自身が「この試合の後に出てくるのは、勇気がいったぜ」と語ったように、誰でも出てこれる訳ではないと思う。

だが、こうしてリングに出てきて挑戦表明。あの時プッツリと止まった時計が再び動き出すシーンは鳥肌ものでした。

そしてジュニア選手がヘビー選手と戦うのは、旗揚げ記念日かNew Japan Cup。狙って取れるタイミングでも無いだけに、デスペラードの強運ぶりも凄まじい。

当時の様子のまとめは昨年ブログに書いております↓

関連記事

題名を見た時に「えっ?」と思った人は多いかもしれません。どう言う組み合わせなのかと。ケニーに引きずられてBullet Club側に見られたこともありましたが、Golden☆Starとして、いつもキラキラに輝いている飯伏幸太と、鈴木[…]

デスペラードがタイトルに挑戦した試合のリンクもありますので、新日本プロレスワールドに加入している方は、ぜひ旗揚げ記念日前にご覧ください。

あの時と今の何が違うのかがお分かりになると思います。

さて、まだ残りのカードの発表もまだですし、ヒロム不在でどこまで楽しめるのか不安もありましたが、これで一気に面白くなってきましたね!

ブログ主のTwitterをフォローしてね

Opinionの最新記事4件

NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。