New Japan Cup 試合日程発表と見所

旗揚げ記念日シリーズの前ではありますが、New Japan Cupの試合日程が遂に発表になりましたね。ちょっと早かったような気もしますが…。

(出典:新日本プロレス公式サイト)

相変わらず豪華な顔ぶれではありますが、ちょっと「ン?」ってなるところもありますね。

昨年との比較

まず昨年のトーナメント表と比較してみましょう。

(出典:新日本プロレス公式サイト)

IWGPヘビー級ベルト戴冠者の内藤哲也は除くと、昨年出場しているが、今年出場していない選手は以下の通り。

退団または他団体に出向中

退団が明確な人と、他団体に出向中(という言い方が正しいかどうかは別ですが…)。

退団:マイケル・エルガン、デイビー・スミスJr、中西学

出向中:ヒクレオ、海野翔太(RPW)

前回代打出場

田口隆祐

今回選出されず(涙)

本間朋晃、ランス・アーチャー

昨年の活躍からすれば当然選ばれて然るべきのランス・アーチャーが入っていないと言うことは、噂のAEW行きが確定したと言うことでしょうか?ジョン・モクスリーの様に、両方の団体に出られればと思います。せめてG1やWTLには!

昨年不出場で、今年選ばれた選手

初出場の選手が大半となります。おめでとうございます!

ジェフ・コブ、アレックス・コグリン、デビッド・フィンレー、タンガ・ロア、鷹木信吾、カール・フレドリックス、KENTA、高橋裕二郎

不参加が不思議な選手

これが「ン?」と思った内容です。昨年のG1の時のように「誰それの代わりにコッチを出せ!」と言うことでは無いのですが、不自然のように思いました。

タマ・トンガ

(出典:新日本プロレス公式サイト)

昨年は他団体にIWGPタッグチャンピオンとして出場していたので、致し方無かったのですが、今年はタンガ・ロアが出ていると言うこともあり、他団体への出場と言うことでも無さそうです。直近の試合を見る限り、怪我をしているようでは無かったですが、どうしたのでしょうか。確かに昨年のWTLではエイプシットで3カウントの山を築き、タンガ・ロア無双の様相も呈していたので、その期待と言うことでしょうか?

クラーク・コナーズ

(出典:新日本プロレス公式サイト)

確かにカール・フレドリックスはヤングライオン杯優勝と言う十分な実績がありますが、それでも二番手には入っていそうでした。Twitterアカウントは持っておらず、海外情報にもヒットしないので、状況がよく分かりません。

柴田選手の有料日記にも言及は無かったですが、事情がよく分からないけど、直近で荒れてる日があり、何かあったのでは?と心配です。前回シリーズ(New Beginning USA)には元気に出場していたので、怪我では無いと思いますが、26日に柴田選手の日記が更新されるので、そこで何か話が無いか?注目です。

Aブロックの見所

公式では無いですが、便宜的に左上のブロックをAブロックと呼びます。

(出典:新日本プロレス公式サイト)

今回のNJCの特徴として、同じタッグ同士の試合の可能性が高くなるように試合が組まれており、このブロックでは矢野とカバナがそうなります。ただ、この試合は既に昨年のNJCで既に実現しています。同じロープに寄りかかって「あ〜あ〜あ〜あ〜」を初めて行なった時ですね(笑)

(出典:新日本プロレスワールド)

カバナがファレにスーパーマンをかけられるか?そしてフォールを奪えるかも注目です。

あとはジェフ・コブと石井のバチバチ試合が実現できるかどうか?と言うところでしょうか。

Bブロックの見所

左下をBブロックとします。

(出典:新日本プロレス公式サイト)

いきなりオカダ・カズチカ vs ジェイ・ホワイトで、どちらかが1回戦で消えるとなると注目のカードですね。永田と鈴木は高校時代からの遺恨と言うことで、第三世代がここから躍動を見せられるかどうかが重要なポイントになります。普通に行けば鈴木みのるの勝利を予想しますが、ここは永田に根性を見せて欲しいです。

勝敗によってはフィン・ジュースの直接対決が観られそうです。しかもIWGPタッグで遺恨のあるタンガ・ロアが対戦相手!タンガ・ロアが二人を蹴散らすのか?フィンレーあるいはジュースが仇を打つのか?どのシナリオになっても今後の展開に影響する試合となりそうです。

Cブロックの見所

右上をCブロックとします。

(出典:新日本プロレス公式サイト)

Bブロックも面白そうでしたが、ここのブロックは激戦区と言えるでしょう。まずは、Golden☆Aceとザック・タイチの混戦!どっちが勝っても遺恨を残し、タッグパートナー同士の試合もあり得ると言う、絶妙な組み合わせ!この山の勝者を予想するのは至難の技でしょう。

そして下の山もスゴイ組み合わせ!NEVERのベルトを持つ鷹木の試練の場と言っても良いでしょう。オスプレイとの初戦を勝ったとしても、次の対戦は同ユニットのSANADAとの対戦の可能性があると言う、こちらも絶妙な組み合わせ!

個人的には鷹木とSANADAが勝って同ユニット対決をして欲しい。3月13日はプラチナ・チケットになりそうですね。自分は12日のチケットを買ってしまいましたが…。

Dブロックの見所

右下をDブロックとします。

ここの見所は、先日EVILから直接ピンフォールを奪った小島が今回も勝利を収めるか?EVILが雪辱を果たすか?と言うところでしょうか。小島・天山が勝ち上がってテンコジ対決と言うのもアツイですが、冷静に考えればやはり難しいでしょう。

遺恨と言う意味ではKENTAとカール・フレドリックスの対戦も注目です。以前の対決では師匠柴田の仇として、柴田ムーブでKENTAに突っかかった時は感動モノでした。今回も強い気持ちで試合に臨めるのかが注目です。

各ブロックの勝者予想

これは当たったかどうかを検証したいのでは無く、あくまで予想することそのものを楽しむと言う意味合いですが、各ブロックの勝者を予想してみます。

Aブロック:ジェフ・コブ

石井と迷いましたが…。AEWとの兼ね合いであっさり負けるかも?

Bブロック:オカダ・カズチカ

ジェイ・ホワイトに勝った勢いで、そのまま勝ち進む?

Cブロック:鷹木信吾

上の山が壮絶な潰し合いで、下の山の方が有利か?NEVERの勢いもある。

Dブロック:後藤洋央紀

春男の復活を期待!

これ、当たらないで想像の斜め上を行く展開になって欲しいです(笑)

今後も新日本プロレスから目が離せませんね!

 いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!
人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!

予想の最新記事4件

NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。