どんたく大会までの見どころ

4.26 広島大会

内藤の地元と言っても過言では無い広島大会。ここで負けるとなるとなかなか厳しい状況になります。ここまでのタッグマッチではエンパイア勢優勢となるのでしょうけど、ここらへんで一矢報いる形になるのでしょうか?

4.28 レスリング薩摩国

KOPW2021が行われますね。どんな対戦ルールになるのかはこれから発表でしょうか?

暗闇対決?となるとどんな試合になるか分からないですね(笑)

そして、シングルマッチを行う代わりに開催されることになったリベンジマッチ。

今回は前哨戦をしっかりこなしてきたYOHがどんな戦いを見せるのか?なかなか先の見通しにくいカードです。

4.29 レスリング薩摩の国

IWGPの前哨戦。このカードも誰が負けることになるのか?が注目ですが、内藤となりそうですね…。これで因縁を深めていくのでしょうか?

そしてかつてのパートナー同士である棚橋とヘナーレの卒業対決と、先日のIWGP戦でオーバーキルをしたジェフ・コブと飯伏の対決。

飯伏はこのシリーズではこの試合だけとなっていますが、今後どのような戦いを繰り広げていくのでしょうか?気になるところです。

5.3 レスリングどんたく

こちらも何気に気になる久しぶりのオカダの出場。鈴木みのるとの対戦で何かが起こるのか?ジュニアタッグのタイトルマッチは終わっているものの、シングルタイトル戦がまだ残っている状況なので、第2試合とは言え、スリリングな試合が期待できそうですね。

その後も何度もオカダ vs 鈴木みのるのカードはタッグとは言え組まれているので、今後どのように動いていくのかも注目ですね。

そしてIWGPタッグタイトル戦の前哨戦として組まれたスペシャルシングルマッチ。

なぜかシレッとラダーマッチが組まれています。そしてアイアンフィンガーは結局封印されてしまうと言う、いまいち意味の分からない試合。この試合形式であれば、スピードに長けたタマ・トンガの方が有利に思えますが、果たしてどうなるのか?と言うよりアイアンフィンガーがどうなるのか!?が心配な試合ですね。

そしてこの日のメインとなる試合。ジェイは前哨戦無しでのいきなりタイトルマッチとなります。最近流行りなのでしょうか?

普通に考えるとジェイ・ホワイトの勝利となりそうな試合ですが、果たしてどうなるのか?2大球場大会に向けて、色々と動きそうな試合となりそうです。

5.4 レスリングどんたく

そしてIWGPシングルタイトルマッチ2戦です!

YOHがタッグタイトル奪取の勢いに乗じてシングルタイトルも獲得できるのか?また、この戦いを通じておそらく発表があるであろう今年のBOSJにどんな影響があるのか?何かが起こりそうな一戦ですね。

オスプレイが勝っても鷹木が勝っても、次の対戦相手はオカダ、と言うことになると鈴木みのるとの対戦は今回限りなのか?と少し寂しくもありますね。

この後が、いよいよグランドスラムシリーズとなります。

そしてDOMINIONの後は、BOSJ開幕となるのか?それとも新しいシリーズの幕開けとなるのか?

まだまだ目が離せませんね!

ブログ主のTwitterをフォローしてね

Opinionの最新記事4件

NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。