TOKYO DOME対戦カードは?

いつの間にかサラッと発表されていた東京ドーム大会の追加カードとRoad to TOKYO DOMEの対戦カード。BOSJ・WTLの一夜明け会見があるのかと思いきや無かったのも残念でしたが、プロレス大賞発表と被るのを避けたのでしょうか。

さて、タイトルマッチとしてはまだ発表されていない、IWGPジュニアタッグ、IWGP USヘビー、 NEVER6人タッグマッチの行方も気になるところですが、発表されたカードの中に手がかりはあるのでしょうか。確認してみます。

IWGP ジュニアタッグマッチ

本日の静岡大会の第1試合でこんなカードが組まれています。

出典:新日本プロレス公式サイト

田口&ワト組 vs 金丸・デスペラード組となった場合、バチバチの戦いと言うよりは巧さを巡る戦いとなりそうですが、たまにはそう言うのもありかと。ヒロム戦のように田口がシリアス要素多めで戦えば、意外と良い勝負になりそうです。デスペラードも田口は苦手としているようですし。

この対戦後に正式なカード発表になるのかもしれませんが、待たせているのはYOHの復帰絡みでしょうか。ただ、先日の棚橋のPodcastではYOHはコンクルソに出ない、と言う話でしたから、YOHの復帰+いきなりタイトルマッチ挑戦は荷が重いのでしょう。

石森&ファンタズモ組も、両日に試合が組まれていますから無いでしょう。SHO&ロビー組も面白そうではありますが急造過ぎでしょうか。

ひとまずこのカードで決まりそうですね。

IWGP USヘビー

モクスリーの日本武道館のVTRメッセージはありませんでしたね。

その代わりではありませんが、以下のカードがさりげなく組まれています。

出典:新日本プロレス公式サイト

USヘビーと言えばジュースと言うイメージも定着しつつありますが、モクスリーがベルト返上となり、この二人で暫定王座選手権を行う形でしょうか。もう少し早めに決まっていても良かったと思いますが、ギリギリまでモクスリーとの調整をしていたのでしょう。

SHOの好みで決まり?

主旨としては、ダブルタイトルマッチの前哨戦でしょうが、SHOがタッグパートナーに選ばれたのは、SHOの好みと言うことでしょうか?(笑)

出典:新日本プロレス公式サイト

良い経験になればいいですね。

それに、”筋肉美タッグ”となれば、当日会場に来る人たちにとっては、一足早いクリスマスプレゼントになりそうですね(笑)

NEVER6人タッグマッチは?

石井・後藤・YOSHI-HASHIはカードが組まれていません…。

人数多く使えるので、会社としては使い勝手が良いのでしょう。他の対戦カードが決まった上での調整となるのでしょうね。ガントレットマッチにすれば、さらに人数多くかけられますし。

対戦相手候補としては以下でしょうか?(どのタイミングでやるかにもよりますが…)

  • フィンレー・ジュース・ヘナーレ
  • 真壁・本間・辻
  • 小島・天山・永田
  • ファレ・オーエンズ・裕二郎
  • オカダ・矢野・ロビー
  • 鈴木・DOUKI・ザック?

何気に気になるこの一戦

こちらもサラッと組まれているカードですが、気になっています。

今年は中西が引退となり、まだまだ元気のありそうな永田と小島に比べて天山はワトのサポートにつくことが多くなり、WTLへの出場もできませんでした。

もしかしたらここで遺恨が発生し、東京ドームでシングルマッチ。そして天山の引退ロードへと向かっていくのでしょうか。

今日の初戦、中継が無いのは残念ですが、どのように展開していくのかが注目ですね。

ブログ主のTwitterをフォローしてね

Opinionの最新記事4件

NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。