鷹木の更なる新しい世界

見るまでも無く、どんな風な試合になるかも分かっていたけど、想像以上の試合でした。

(出典:新日本プロレス公式サイト)

内藤とは違う形の二冠。シングルとタッグの両方を持つと言うのは、意外に近年では珍しいかもしれない。石井が決して人気が無い訳では無いのに、石井コールが起きる度にそれをかき消す鷹木コール。ヒールだのどうだのって言うレベルでは無い、心の底からの期待感がこもった大歓声を感じた。現場に行けなかったのが本当に残念だ。

次の対戦相手は?

シングル、タッグともに鷹木ロードを歩んでいくものと思うし、期待もしているが、次はどんな相手になるのか?どんな相手が相応しいのかを考える贅沢な時間を過ごしたい(笑)

タイチ

オカダとの一戦を終えて、小狡さもありながらバチバチもできるタイチに期待したい。鈴木軍の子分キャラから脱却して、全日本イズムを継承している今のタイチなら、石井とはまた違う盛り上がりを見せてくれるだろう。仮にタイチが負けたとしても、両者ともに価値を上げていくことができる。

ウィル・オスプレイ

昨年のBest of Super Jrの借りを返して、気分良く連勝街道を驀進するために、逆指名しても良いのでは無いか。 お互いにヘビーに転向してまたライバルストーリーを展開しても面白そうだ。

鈴木みのる

パワーファイターとして、オールマイティなイメージがある鷹木だが、U系の関節技主体の選手とはあまり当たったことが無いし、得意では無さそう。次の大きな壁を超えると言う意味で、鈴木みのるとのバチバチの闘いも面白そうだ。

今日は上村も凄かったけど(笑)

EVIL

同ユニットだし、同じタッグチャンピオンでもあるので、実現はするとしてもまだまだ先だと思うが、良い試合をしつつも中々結果が残せないEVILが、同ユニット間の闘争を仕掛けても面白いと思う。それに呼応してSANADAが内藤に挑戦したりすれば、また面白い流れになると思う。

ジョン・モクスリー

USヘビーのベルト以外は興味が無いかもしれないが、NoDQマッチをやってみれば、更にバチバチの新しいNEVERの世界が作られるかもしれない。バチバチは日本人だけの専売特許では無いことを、モクスリーが教えてくれるだろう。

これ以上はキリがないから、いったんこれで終わりにしようと思いますが(笑)、誰とやっても新しい世界が繰り広げられそうです。

ますます新日本プロレスから目が離せませんね!

 いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!
人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!

Opinionの最新記事4件

NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。