WTL 大混戦の中間状況

昨日の盛り上がりは、セミ>メインでしたね。セミはお互いの感情がむき出しのシーソーゲームでどちらが勝つか最後まで分からない白熱の試合でした。

メインのYOSHI-HASHIもパンピングボンバーを食らいながら、2人相手に咆哮するなど気迫を見せてました。WTLもますますの盛り上がりを見せてます。

大混戦過ぎる

星だけ見れば大混戦で、どこが優勝してもおかしくない状況は続いていますが、NJPWphileでは本命はタイチ組、鷹木組、GoDと予想しています。

最終日に石井組とタイチ組が組まれているので、2位争いに石井組が入ってくる感じでしょうか。

それにしても、もう星と試合日程で予想するのは可能性が広過ぎて無理(笑)なので、ストーリーで予想(妄想)したいと思います。

ポイントは、タイチ組が鷹木組、GoDに負けたこと

タイチ組の連携の強さと深さ、反則に頼らない試合運びから、優勝決定戦から外すのはもったいないでしょう。優勝決定戦はGoD、1.4でのIWGPタッグ選手権は鷹木組とすれば、一粒で二度美味しいことになります。

ただ、鷹木はNEVERのシングルベルトを持っているので、1.4、1.5の両日タイトルマッチとなってしまいます。SANADAも何かの対戦カードで上手く使いたいところでしょう。

つまり、優勝決定戦はタイチ組 vs 鷹木組で、鷹木組が1位通過となっていると予想します。そして優勝はタイチ組です。前回予想と変わってしまいました(汗)

コブ・オーカーン組は?

Xがジェフ・コブと判明して一気に脅威となったチームですが、やはり急造チームが勝てるほどWTLは甘くありません。試合運びも個々の力で勝っているように見えます。

そもそもジェフ・コブはタッグプレーヤーとしては難しいように思います。マイケル・エルガンと組んだ時も、どちらがよりパワーがあるか選手権でしたから(笑)。鷹木のNEVERに挑戦するのが面白そうです。

フィンジュース、後藤組は?

星取り的にはまだチャンスはありますが、残り全勝しないと難しく、今回は脱落となりそうです。フィンジュースは前回優勝していますし、本隊で、ヘナーレと一緒に6人タッグに行く方向でしょうか。

11/30に注目!

さて、優勝争いに話を戻すと、鷹木組vsGoDが11/30に行われます。勝った方が1位通過のキップを手に入れることになりそうですが、この試合がメインでは無い!

なんとメインはフィンジュース vs タイチ組です。タイチ組がフィンジュースに勝って引導を渡すことになるのか、フィンジュースが勝って、反撃の狼煙をあげるのか。

いずれにしても、この日のセミとメインは注目ですね!

いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます!あなたの応援クリックがとても励みになります
人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

プロレスブログランキングに参加しています。ぜひ応援クリックをお願いします。


プロレスランキング

※基本的に、ブログ内の選手敬称は略していますが、選手全員をリスペクトしています。